【10月・11月】臨床栄養師研修 認定講座(WEB)(公開)のご案内

WEBでZOOMを用いて開催しますので、インターネットに繋がったパソコン、スマートフォン、タブレットをご用意頂き、ZOOMをインストールしてご参加下さい。(ZOOMのURLは、申込者へご連絡します。)

ぜひ奮ってご参加ください。

令和4年10月1日(土) 9:00~17:30 (講義7時間)

栄養教育(栄養教育の基礎)、経営の基礎、高齢者消化器疾患、地域栄養活動などの講義を下記の通り行います。
臨床研修等に互換できる症例検討を実施したい研修生のみなさん、ぜひ受講して症例検討について学びましょう!
一日だけでも受講していただけます。

講師:藤谷 朝実 先生 (淑徳大学 教授)
「栄養教育(栄養教育の基礎)」(2時間) 9:00~11:00

先天性代謝障害などの代謝や身体、知的障害などによって食べることに支援が必要な方に対する栄養評価の基本を理解するとともに、障害あってもその人なりの生き方を考えた食支援について考える。

講師:野本 尚子 先生 (千葉大学医学部附属病院栄養管理室長)
「経営の基礎」(1時間) 12:10~13:10

病院における栄養管理と経営のあり方を学ぶ

「症例検討と発表(高齢者消化器疾患)」(2時間)13:20~15:20

高齢の消化管術後症例の栄養ケアプロセスによる検討と討議、解説。

講師:野地 有子 先生(令和健康科学大学学部長・教授、千葉大学名誉教授)
「地域栄養活動」(2時間) 15:30~17:30

地域の食事・栄養計画とボランティア活動との連携について、異文化や宗教的制限のある人たちへの栄養ケアへの理解を深める。

費用

会員 : 10,500円 (臨床栄養師研修生・臨床栄養師以外は1日単位の受講)
非会員: 14,000円 (1日単位の受講)

お申込み

申込期日:令和4年9月26日(月) 厳守

※WEB開催のため、これ以降のお申込みには対応出来かねます。予めご了承ください。

令和4年10月2日(日) 10:00~17:00 (講義6時間)

集団の栄養評価と計画の講義を下記の通り行います。
研究の基本、論文の書き方について、不安はありませんか?もう一度しっかりと学びませんか?今年度論文を書く方はぜひご受講ください!
一日だけでも受講していただけます。ぜひ奮ってご参加ください。

講師:西連地 利己 先生(獨協医科大学教授)
「集団の栄養評価と計画」(4時間)10:00~12:00、13:00~15:00

集団の栄養評価と計画について茨城県が実施した食塩摂取調査の事例をもとに講義。
また、臨床栄養師認定論文の作成を目指した論文の書き方のコツの全てを学ぶ。
論文作成や投稿の初心者、臨床栄養師論文試験の必須科目。投稿経験者も開眼する講義。

講師:多田 由紀 先生(東京農業大学​准教授)
「集団の栄養評価と計画」(2時間)15:00~17:00

横断研究、追跡研究、介入研究など、実際の原著論文を事例として、論文に記載すべき事項や考察の展開の仕方など、論文の書き方を学ぶ。

費用

会員 : 9,000円 (臨床栄養師研修生・臨床栄養師以外は1日単位の受講)
非会員: 12,000円 (1日単位の受講)

お申込み

申込期日 令和4年9月26日(月)厳守

令和4年11月19日(土) 10:00~17:00 (講義6時間)

栄養教育(生活習慣病)、糖尿病指導に必要な基礎知識、糖尿病症例の医師と管理栄養士による検討などの講義を下記の通り行います。

一日だけでも受講していただけます。

講師:蒲池 桂子 先生(女子栄養大学教授)
「栄養教育(生活習慣病)糖尿病」(2時間)10:00~12:00

糖尿病療養指導から糖尿病性腎症までの食事療法、栄養相談のための知識、技術に関する講義。

講師:田中 明 先生(女子栄養大学名誉教授)
「臨床栄養師特別講義:症例検討と発表 糖尿病指導に必要な基礎知識」(2時間) 13:00~15:00

高齢者の糖尿病の栄養指導に関するエビデンスに関する講義と症例検討

講師:田中 明 先生、蒲池 桂子 先生(2時間)15:00~17:00
「症例検討と発表 糖尿病症例の医師と管理栄養士による検討」

女子栄養大学クリニックの教育研究の専門家が、糖尿病症例について管理栄養士と医師の立場から検討と討議を展開する。

費用

会員 : 9,000円 (臨床栄養師研修生・臨床栄養師以外は1日単位の受講)
非会員: 12,000円 (1日単位の受講)

お申込み

申込期日 令和4年11月14日(月)厳守

令和4年11月20日(日) 10:00~16:00 (講義5時間)

終末期 看取りのための栄養ケア、経営の基礎、居宅療養管理指導事例についてなどの講義を下記の通り行います。
臨床研修等に互換できる症例検討を実施したい研修生のみなさん、ぜひ受講して症例検討について学びましょう!
一日だけでも受講していただけます。

講師:梶井 文子 先生(東京慈恵会医科大学教授)
「症例検討と発表(終末期)」(2時間)10:00~12:00

高齢者の看取りやエンド・オブ・ライフにおける基本的な理解を深め、栄養ケア・マネジメントのあり方を倫理、本人・家族のニーズの把握、意志決定プロセスから学び、症例検討も行う。

講師:佐藤 悦子 先生(愛全診療所居宅療養管理指導)
「経営の基礎」(1時間)13:00~14:00

在宅訪問栄養ケアの実務と連携体制の実際についての講義。

講師:佐藤 悦子 先生、中野 もも 先生(特別養護老人ホーム愛全園栄養課主任)
「症例検討と発表(居宅療養管理指導)」(2時間)14:00~16:00

居宅療養管理指導における困難事例の症例検討と発表を行う。

費用

会員 : 7,500円 (臨床栄養師研修生・臨床栄養師以外は1日単位の受講)
非会員: 10,000円 (1日単位の受講)

お申込み

申込期日 令和4年11月14日(月)厳守

お問合せ

日本健康・栄養システム学会

問合せ先:臨床栄養師研修担当 事務 加納亜紀子

TEL /FAX:046-828-2663

E-mail:ncm.kanou[@]gmail.com

※なるべくメールにてお願い致します

当学会へのお問い合わせはこちらから

Copyright © 日本健康・栄養システム学会 All Rights Reserved.